日曜日, 6月 30, 2013

朝から大阪のショップ巡り。福島のstruct、本町DOORS、dieci、南船場 REDBONE RECORDS、ハンキー・パンキー、心斎橋 キングコング。それから京都にもどりキエフでビアガーデン。子供を含めて合計12人の集いは4歳児を肩車したりする大人の飲み会。誰も吐いたりしない。

水曜日, 6月 26, 2013


仕様の壁はアップデートで乗り越えることが出来た。運がいいとしかいいようがない。その他、あぶない場面もなんとか切り抜ける。 いまつくっているものが媒体の特性をいかした魅力のあるものとは思わないけれど、自分としては精一杯の対応。ベストパフォーマンスである。だれかほめてくれ。なんやかんやで23時帰宅。ウィスキーに水道水をいれて箸でまぜた水割りを飲んで寝る。

火曜日, 6月 25, 2013


13時間30分かけて1000以上のファイルを書き出し、リネームしたデータに関係性をもたせてやる。基本的には単純作業ではあるけれど、これはなんといったらいい工程なのか。仕様の壁にぶつかるまではよいペースだった。パソコンが煙を吐くことはなかったが、俺の頭が臭い。問い合わせのメールを送って9時退社。

月曜日, 6月 24, 2013


ラジオDJがPrinceの1999を「いちきゅうきゅうきゅう」と言い放ち驚くと同時に俺の世界は広がった。にいいちさんぜろ退社。大量のラスタライズ指示をパソコンに伝えて帰る。パソコンよ、おまえは朝までがんばってくれ。

日曜日, 6月 23, 2013


夕方から外出。ワルダーでパンを買ったあと、拾得で 「パイレーツ・カヌーのひょっこりパーティー第26弾」ゲスト:吉田省念×植田良太 を観る。マンドリンを弾く女性のちょっと頭おかしいMCが面白かった。くるりを脱退した吉田省念はさいきん釣りに凝っているという。じわじわくるなそれ。帰宅後、味玉5個と大量のきんぴらごぼう、カルド・ヴェルデを作って平日の食事にそなえる。

土曜日, 6月 22, 2013

「村上春樹/色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読み終えた。ふつうに面白かったと思う気持と、灰田と緑川による伏線の放置っぷりに驚く。謎解きに挑んだ文章がよみたくて、cakesの再購読手続きをして弁当爺さんの記事を読んだ。夕方髪を切ってもらう。

金曜日, 6月 21, 2013

木曜日, 6月 20, 2013


営業に「もう帰っていいッスよ」といわれて、上司を置いて帰る。雨はやんだかとおもいきや途中でまたふりだした。駐輪場に捨ててあった傘をひろって歩いて帰る。

水曜日, 6月 19, 2013


習熟度の浅いindesignでの仕事がやっと終わったと思ったのに、次の仕事もindesignだった。まあええねんけど…。Illustratorをつかったのは日報を書くときだけという一日。23時退社。きょうは予報通り雨が降った。

火曜日, 6月 18, 2013

元同僚とその恋人というか婚約者と一緒に居酒屋で会い、彼ってば彼女の前ではこういう感じかー。とか思いながら、ビールを3杯飲んだ。職場とは別の顔というほどではない"わずかなズレ"は微妙であればあるほど味わい深い。雨の予報は外れて助かった。自転車で帰宅。

月曜日, 6月 17, 2013

新婚旅行でスペインに行っていた同僚が帰ってきてようやくフルメンバー。土産話はざっときいたが、どうもスペインよりもなによりも飛行機にのったことが一番たのしそうだった。離陸の動画まで撮っているのだからその気持は本物だ。今朝はネットワークがつながらないとかなんとかで慌ただしかった。夜はInDesginのデータが10MBから3.5GBに膨張するという異常に悩まされた。夕食は餃子と、台湾で買ったユリの花(花蓮安全金針)と、きくらげ(白背黒木耳)をつかった中華スープ。見た目もたのしくおいしい。

日曜日, 6月 16, 2013

「上村一夫/同棲時代」読了。圧倒的な傑作の余韻にしばらく浸る。

土曜日, 6月 15, 2013

先週に引き続きホームパーティー。パエリア、アサリの酒蒸などなど。ポルトガルの定番スープというカルド・ヴェルデは初めてつくった。これは「馬田草織/ようこそポルトガル食堂へ」で知ったもの。ビシソワーズにキャベツの千切りとサラミをいれて、最後にオリーブオイルをたらせば出来上がり。特に珍しい食材をつかっているわけでもないし、味付けは塩だけにもかかわらず、いままでに食べたことのないエキゾチックな味がした。オリーブオイルの香りが効いていて、パンとの相性がよい。ケーキをたべてワインも飲んで、Ella at Duke's Placeを聴いていたら、いい気分で眠ってしまった。片付けもせずに。

金曜日, 6月 14, 2013


6月にもかかわらず最高気温36度という真夏日であったがずっと室内にいるのであまり関係がないしむしろTシャツだと少し寒いくらいで長袖のシャツを着たまま終電まで働いて帰った。グラフィック・ウェブ・ゲーム関係とたてこんであっという間に時間がすぎていく。スリルも満点。そんな中、合間を見てちょこちょこメールをして週末の予定と8月末に富山で開催されるスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドに行くことを決めた。初富山、そしてもちろん初アントニオ・ロウレイロ。インターネットではつながっていないオフラインの友達と会うのも久しぶりで楽しみである。

木曜日, 6月 13, 2013


台湾で食べた酸辣湯には、ごま油がはいっていなかったことと、パクチーがはいっていることが予想外だった。酸辣湯の定義は広い。スープの中は水餃子もはいっていたのでこれだけで昼食として充分。やさしい味でおいしかった。たしか50元。

水曜日, 6月 12, 2013


陽射しがきつくても湿度が高い分、焼きつくされるというよりも外気に溶けていく感じ。このあたりは急激な区画整備があったのか、一歩道を外れただけで野趣がある。

火曜日, 6月 11, 2013


路地裏の廃墟のようなところでひそかに果実が実っていた。

月曜日, 6月 10, 2013


南国の植物は人の暮らしの中で育てられるものというより勝手に力強く共生している。

日曜日, 6月 09, 2013

土曜日は友人を自宅に招き、パエリアをつくってみた。まあまあうまくできたと思う。レシピはこれ→ おうちパエリア@フライパン26㎝。サングリアを飲みながら騒いだ。借りたCD Giorgio Tuma / in the morning we'll heet、The Copeland Davis Group - Smouldering Secrets。ともにデシネ系。日曜日は京都シネマでレオス・カラックス/ホーリー・モーターズを観た。夕食は引き続きスペイン料理。こんどはフィデウアという米のかわりに細い麺をつかったパエリアを食べる。

土曜日, 6月 08, 2013

台北で見たバスは、窓にガラスがなくメッシュになっていた。クーラーだけでは追いつかない暑さということか。車体広告においてはメッシュ部分も含めての表現が可能なので南国ならではの迫力と一体感がある。

金曜日, 6月 07, 2013


後任のパシコーーーーンッという、リターンの打鍵音には慣れたし許してもいいけど浪人回しだけは勘弁してほしい。

木曜日, 6月 06, 2013


ちょうど食パンが切れたので、すこし早めに家をでてワルダーに寄ったがあいにく定休日だった。ワルダーは、朝は9時から営業しておりますが、木曜日はお休みとなります。うう、営業時間は確認していたのに定休日を見落としていた…。近くにめぼしいパン屋はみつからなかったので、明日の食パンはなし。22時30分退社。帰り間際、ややこしそうな話をもちかけられて顔がゆがむ。

水曜日, 6月 05, 2013

火曜日, 6月 04, 2013


深夜に旅行から帰り3時就寝。そして8時起床。二人分の朝食と自分の弁当もつくり、余韻に浸るまもなく出社。弁当はさすがにつくりおきのミートソースと粉末のコーンスープという手抜きではあるが。昨日からやってきた後任はエンターキーをたたく音が極端にうるさかった。ボールペンでくるくる遊んだり貧乏揺すりなど落ち着きも無く、視界にいれたくないタイプ。個性は制作物でみせてくれ。6人いる制作部のうちデザイナーは2人という体制になるのだということをいまさらながら肌で感じる。

月曜日, 6月 03, 2013

日曜日, 6月 02, 2013